なだらかな自然のアンジュレーションを生かしたフェアウェイは広くゆったりとしたコース。

6番・7番ホールは距離感もあり難しいホール
8番ホールは池越えのショートホール